ハンドマッサージをしてみよう

マッサージをすることで、血行の促進やリラックス効果などを得られ、また、こりなどをほぐす効果もあります。

首のこりや肩のこり、腰痛などに関してもマッサージをすることで痛みの軽減などにつながり、また、筋肉をほぐすことにもなるでしょう。

そのため、痛みの軽減、ストレスの軽減をすることにも、ある程度効果が期待できるため、定期的にマッサージを行うことは自分の体にとってもいい影響を与えます。

また、むくみなどを解消したい場合には、リンパマッサージなどをすることである程度解消することもできます。

参考:むくみを解消して美脚になる♪【リンパマッサージのやり方】 – NAVER まとめ

また、冷え性などに悩む場合にも、マッサージをすることで血行をよくすることもできるため、冷え性などに関してもある程度効果が期待できます。

また、マッサージをする場合には、ハンドマッサージもおすすめです。

手は、日常的にさまざまな行動をする場合に使います。

家事をしたり、仕事などの作業をする場合にも手を使います。

また、デスクワークなどの場合には、マウスやキーボードを使い、パソコンでの作業をする場合には、手や指などをかなり酷使することもあります。

状況によっては、かなりの疲労が溜まり、腱鞘炎の原因になることもあるでしょう。

このような場合でも、マッサージを定期的に行うことは、予防につながるため、手などが疲れている、だるいなどの感覚がある場合には、ハンドマッサージを行い、手の疲れをとるようにしましょう。

カルナーキュアのハンドマッサージ
出典:カルナーキュア

ハンドマッサージをすることにより、手の血行改善にもつながりますが、ある程度手のだるさなどがとれれば、ストレスの軽減にもつながります。

ストレスが溜まってしまうと、体調不良や精神的に不安定になりやすいため、リラックス効果を得るためにも、マッサージをすることで、自身の精神の安定をはかることも大切です。

手は、自分が生活するうえでは、必要であるため、日常的なケアをしていくことで、手の筋肉のコリ、筋を痛めないためのケアとしてハンドマッサージを行っていきましょう。

また、手にもツボがいくつもあるため、そのツボを押すことも、自身の体の健康などにつながります。

自分で手をマッサージすることもできますが、自宅などにおいては、家族で、お互いにマッサージしあうのも一つの手段です。

自分では全体的にうまくマッサージできない場合には、誰かにマッサージしてもらうと、とても気持ちよく、精神的にもリラックスできるものです。

マッサージが終わったら、相手にもしてあげるといいでしょう。